玄米茶なら玄米茶専門ショップGENMAICHA.jp

GENMAICHA.jp

ほうじ玄米茶

渋みのない玄米茶

名前の通り茶葉を強く焙じたお茶を使って玄米をブレンドした香ばしい香りが広がる玄米茶です。
ほうじ玄米茶HOG-A

収穫期から数え、通常年4回の新芽が伸びる時期があります。秋ごろに摘まれる4番茶とその前の3番茶を使用した風味抜群のほうじ玄米茶。名前の通り茶葉を強く焙じたほうじ茶と玄米をブレンド。ほうじ茶独特の甘い香りと玄米の香ばしさがより一層風味を引き立てます。


茶葉を焙じたことで、苦味成分のタンニン(カテキンなど)が壊れ、渋味や苦味が抑えられるので、他のお茶よりもさっぱりとしています。カフェインが少なく、胃への負担もあまりないことから、子供からお年寄り、病人まで、安心して飲用できるお茶です。医者によっては、乳幼児の水分補給に勧めることもあります。そういったことから、医療施設や介護施設では、ほうじ茶が飲用されていることが多いです。


冷やして麦茶代わりにしてもおいしいです。食堂や業務用、もちろんご家庭でのお食事にも合います。


ブレンドしている玄米は、低温長時間焙煎した玄米と地元産のお米を使用した玄米の2種類をある比率で混ぜ合わせています。

ほうじ玄米茶HOG-A200g
  • 商品名:ほうじ玄米茶
  • 商品番号:HOG-A200
  • 原材料:緑茶、玄米
  • 原産地:国産
  • 内容量:200g
  • 価格:380円(税込)
注文数個 

ほうじ玄米茶HOG-A500g
  • 商品名:ほうじ玄米茶
  • 商品番号:HOG-A500
  • 原材料:緑茶、玄米
  • 原産地:国産
  • 内容量:500g
  • 価格:900円(税込)
注文数個 

ほうじ玄米茶のおいしい淹れ方
  • ①100℃に沸騰させたお湯を用意します。
  • ②急須に大さじ1杯~2杯程度の茶葉を急須に入れます。お好みにより調節してください。
  • ③何も入っていない湯呑み(2つ)に沸騰させたお湯をそれぞれ約100㏄入れます。※この時、お湯を80~90度くらいに冷まします。(熱湯でも大丈夫)湯呑みも温かくなります。
  • ④湯呑みのお湯を急須に全部注ぎフタををします。
  • ⑤そのまま40秒~60秒待ちます。※急須は振ったり、回したりしないで下さい。
  • ⑥湯呑みに2,3回に分けて交互に注いでください。※最後の一滴まで絞るように注いでください。(これが大事です)